top > 紀要index
 
  The Shujitsu University Journal of Pharmaceutical Sciences
   Published by School of Pharmacy, Shujitsu University

 
第3巻
  


1. 概日リズムホルモン・メラトニン合成のレドックス制御機構

守谷, 智恵 and 川上, 賀代子 and 坪井, 誠二 pp. 1-8.



2. 自然免疫センサーとしてのパターン認識受容体の病態生理学的意義

森, 秀治 and 渡邊, 政博 and 豊村, 隆男 pp. 9-15.



3. 新規研究ツール開発のためのストレプトアビジン単量体の調製と高機能化

平岡, 修 and 寺井, 琢也 and 河野, 萌 and 杉山, 成 pp. 16-26.



4. 上皮成長因子受容体,血管内皮増殖因子受容体を介する情報伝達系を標的とする抗体医薬品と受容体チロシンキナーゼ阻害薬のレギュラトリーサイエンス

西村(鈴木), 多美子 and 田中, 伸枝 and 青木, 孝文 pp. 27-36.



5. クロリンによる細菌および赤血球の細胞膜機能の光不活性化

加藤, 久登 and 駒越, 圭子 and 勝, 孝 and 片岡, 洋行 pp. 37-46.



6. 腎機能に着目したバンコマイシンTDM解析ソフトの特性に基づいた初期投与設計

春木, 祐人 and 広本, 篤 and 岡, 泰江 and 春木, 麻衣 and 増田, 展年 and 杉山, 哲大 and 手嶋, 大輔 and 近藤, 祥代 and 毎熊 隆誉 pp. 47-54.



7.  山田家伝来医薬品の成分分析

齋藤, 啓太 and 田中, 美穂 and 洲崎, 悦子 pp. 55-61.



8. 薬剤師から見た医師主導バンコマイシン初期投与設計の評価

増田, 展利 and 毎熊, 隆誉 and 広本, 篤 and 春木, 祐人 and 杉山, 哲大 and 近藤, 祥代 and 手嶋, 大輔 pp. 62-70.



9. ザクロ由来エラジタンニンオリゴマーのヒトリコンビナントマルターゼ阻害活性

川上, 賀代子 and 李, 鵬 and 裏地, 美杉 and 守谷, 智恵 and 畑中, 唯史 and 伊藤, 秀之 and 坪井, 誠二 pp. 71-75.



10. 高齢者疑似体験セットを用いたインスリン自己注射演習の有用性評価

小野 浩重 and 毎熊, 隆誉 and 加地, 弘明 pp. 76-82.



11. Halobacterium salinarum 走化性シグナル伝達機構の生化学的解析

守谷, 智恵 and 川上, 賀代子 and Dieter, Oesterhelt and 坪井, 誠二 pp. 83-88.



12. バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)に抗菌活性をもつコノテガシワの葉部分(ソクハクヨウ)の成分について

和田, 朋子 and 黒田, 照夫 and 土屋, 友房 and 塩田, 澄子 pp. 89-94.



13. デキストラン硫酸ナトリウム誘発性腸炎マウスモデルにおけるvareniclineの改善効果

末丸, 克矢 and 大山, 裕紀子 and 阿蘓, 寛明 and 渡辺 雅彦 pp. 95-98.



14. 皮膚線維芽細胞からのヒトiPS細胞の樹立と培養

中西, 徹 and 山崎, 勤 pp. 99-103.



15.  就実大学薬学部生の人体解剖学実習で遭遇した胸腹部動脈の変異について

洲崎, 悦子 and 仲宗根, 輝俊 and 福島, 有夏 and 領家, 洋美 and 木瀬, なつみ and 木下, 栞 and 山川, 直樹 and 隅田, 寛 and 石村, 和敬 and 青山, 裕彦 pp. 104-109.